VPNスプリットトンネルとは?

VPNスプリットトンネリングは、他のデバイスやアプリをインターネットに直接アクセスさせたまま、一部のデバイスとアプリのトラフィックをVPNに通します。

ローカルネットワークデバイスへのアクセスを失わずに、選択したトラフィックを保護するためにスプリットトンネリングを使用できます。WindowsMacAndroidルーター版ExpressVPNアプリで利用可能です。

VPNスプリットトンネリング:2方向に分かれた鉄道線路の絵。ひとつはトンネルに、ひとつはそのまま。

スプリットトンネルが必要な理由

基本的なVPNは、すべてのインターネットトラフィックを暗号化されたトンネルに通すことで、データをハッカーや第三者から保護します。

ご使用のVPNがスプリットトンネルをサポートしない場合、次の問題が起きる恐れがあります。

  • 海外とローカルのウェブサービスに同時にアクセスできない

  • 帯域幅を使い果たすVPNを介するすべてのデータの送信

  • VPN接続中にLANデバイスにアクセスできない

スプリットトンネルVPNでできること:

  • ローカルIPアドレスからウェブサービスを使った洋画のストリーム

  • 他のウェブサービスのスピードに影響しない安全なダウンロード

  • インターネットサーフィンを安全に楽しみながらのネットワークプリンターへのアクセス

スプリットトンネルにセキュリティリスクはありますか?

スプリットトンネルを設定して、特定のトラフィックをVPNの保護から除外した場合、インターネットサービスプロバイダまたは第三者がトラフィックにアクセスできるようになる可能性があります。

オンライン活動を保護するために、機密情報の取り扱いやダウンロードをする際に、VPNで保護された接続のみを使用してください。

ExpressVPNアプリでスプリットトンネリングはどのように機能しますか?

ExpressVPNのスプリットトンネルには2つの設定があります。

  • スプリットトンネル:選択された一部を除く、すべての接続デバイスとアプリケーションを保護します。

  • 逆スプリットトンネル:選択した接続デバイスとアプリケーションだけを保護します。

ExpressVPNアプリ上のVPNスプリットトンネル

The ExpressVPN for routers interface, showing devices that are connected and not connected to VPN.

ルーター版アプリ

ルーター版ExpressVPNアプリに接続されたすべてのデバイスで、「ルーターVPN」、「VPN不使用」、「MediaStreamer」*を切り替えられます。スプリットトンネルを使えば、プリンターなどローカルネットワークのデバイスへのアクセスを維持できます。

Macインターフェース対応のExpressVPNアプリ。VPNで保護されている選択されたアプリだけを表示。

Mac、Windows、Android対応アプリ

MacWindowsAndroid対応ExpressVPNアプリのスプリットトンネル機能で、ExpressVPN接続中にどのアプリがVPNを使用するか選択できます。(スプリットトンネルはMacOS 11にはまだ対応していません。)

* MediaStreamerを使うと、別の方法では利用できないコンテンツにアクセスすることができますが、VPNのすべてのセキュリティとプライバシーの利点は提供されません。

30
日間
返金保証

最高のVPNスプリットトンネルをリスクフリーで試そう

ExpressVPNとスプリットトンネルにご満足いただけない場合には、サポートにお問い合わせください。30日間以内に全額返金いたします。至って簡単です。

ExpressVPNを購入する